2010年8月29日日曜日

種まき準備完了

本業のサラリーマン生活の中ではなかなかまとまった形でのお休みが取れないのが普通なんです。 で、年間で「盆正月」というのはそのまとまった休みという意味では貴重で、兼業にとってはゆっくり骨休めなんてもったいない!!なんて思うわけです。

雨が降ろうが槍が降ろうがこの日は外せるか!てな勢いで、前々から知り合いにも予定を話しておいてこのクソ暑い中、無理やり手伝ってもらってやっちまいましたよ。

『電気柵』の設置。

先ずは下準備として前日に「草刈」←これ重要ですが独りでできます。
で除草シートをグルリと一周。
ウチの畑は山の中の傾斜地ですから、これね 独りじゃ難しいんです。
除草シートって100m巻きでして、これを伸ばしながら引いていってピンを打ち込んで留めていくだけの簡単作業なんですが、何度も言いますがここは傾斜地。
誰かに伸ばしながら巻取りを持っててもらわないとコロコロ転がっちゃうわけです。

無償で手伝ってくれた○○さんと○○さん、本当にありがとうございました!

で翌日はまた別の○○さんご夫妻と○○さん、電気柵の設置をこれまたボランティアで殆どの作業を炎天下の中、黙々と、そしてとても初めてとは思えない手際の良さでササッと設置してくれて本当にありがとうございました。厚く厚くお礼申し上げます!

皆様の多大なるご支援の賜物でやっとこさ「種まきができる状態」になりました。


5月に畑を借りられることになって、草で一面覆われていて、本当にここで作物ができるんだろうか?俺にできるんだろうか?とちょっと不安だった畑がこんなに「畑らしくなった」


思わず涙ぐむ・・までには至りませんがww

さぁ、これからやるぞ~って気持ちにはなりますね。
モチベーションっていうのかな、ワクワクしますね~。

毎回毎回言いますが、せっかくのお休みの日にわざわざワタシの為にお手伝い下さった皆様への感謝の気持ちを込めて、美味しいモノを精一杯作ってみようと思います。

これまで殆ど押し掛けで研修させていただいた勉強の成果を試すときがやってまいりました。
どこまでできるかな? ちゃんと売り物になりますように! てか、目標である兼業が成り立ちますように!

2010年8月8日日曜日

中古農機具フェアに行ってきました



8月6日に農機具フェアが開かれ行ってきました。
トラクター、管理機、運搬車、防除機、田植え機、コンバイン、フォークリフトなんてモノもあり大きいのから小さいのまでホントいっぱいありました。

お目当てはもちろん乗用トラクター!!と言いたいけど、そこは貧乏サラリーマン、入り口近くにある魅力的なトラクターたちを無理やり見ないようにして、真っ先に歩行型トラクターのコーナーへ。


ワタシの畑は山間部で赤土粘土質の傾斜地。 平野部砂地の畑で使うようなガソリン管理機じゃ耕す目的ならイマイチじゃない?ってアドバイスに納得し、先ずは「耕せる」を優先しちゃおうと考えました。

で、10馬力くらいを・・なんて思いましたが、1台発見、クボタでしたが9.5馬力で45万、こりゃ無理だわ。もうちょいで乗用トラクターの目玉に届きそうなんて思いながら諦める。
次、8馬力ヤンマー 、7馬力三菱、7,5馬力クボタがなかなか手頃というか、予想価格に近くこの3台に狙いをつける。

朝8時開場で、ワタシ張り切ってたんでというかこの日を待ちわびてたんで到着は1時間前。
メーカーの人やら代理店の人やらが準備してるドサコサに紛れて平然と物色しておりましたww

各コーナー毎に機械が並べられ、自分の希望するモノがあれば価格と仕様を確認して機械に張り付いている投票袋に名前を書いた札を入れ、抽選に選ばれた人が購入権を得る「入札抽選方式」

早い遅いは関係ないのですが購買意欲が高まりますと・・なんとでもして落札したくなるのが人情というもの。

よし、ここは仲間に手伝ってもらっちゃおうってことでお互いの希望商品に名前貸しで参加する方式、つまり数の力で対抗することにしました。 策を練ってる間に仲間と合流。

既に面識がある農機具屋さんにも会えたんでお目当てのブツをよく見てもらって、ワタシの畑を見てくださった師匠も忙しい中時間を割いてブツを見にお越しいただけたんで、せっかくだからと確認してもらって。

いざ、抽選へ!ドキドキ・・  お目当てのヤンマー機の投票袋にはワタシの知らない名前が2枚。
もう締め切り時間が近い。つまりライバルは2名ってこと。

で、結果は・・・見事!策通りお仲間の協力でGETできました。 よかったよかった。
それぞれ買いたいものが手に入り手続きしてきた次第です。

後は水の調達だけがワタシの畑の課題。
まっボチボチやってくしかないけど・・・
それにしてもやっぱりここでも色々な人々にすごくお世話になって・・。
農業はやっぱり独りじゃキツイな~と感じましたね。
情報を共有しながら協力しあって助け助けられの関係つくりが大切。

なかなか面白い体験でしたww。
人気のFX業者