2011年2月13日日曜日

にんじん蒔いてみます

うちの畑は潅水設備がありません。
夏蒔きは無理だろな。 発芽してからも夏の日差しに水なしは耐えられない。
ということは・・今しかないわけで

トンネル栽培で試してみようと思います。月中旬以降に収穫する予定で少し実験です。

今年一年、がむしゃらに色んな野菜に挑戦してみてその中から
この畑に合うものを探してみたいと思います。

今、出荷できるもの何にもないんだなぁ。
寂しい畑。

2011年2月10日木曜日

築城三年落城三日

ずいぶんご無沙汰してしまいました。今更あけまし・・やめとこ。


ところでいきなりタイトルの本題へ。



最近、景気どうですか? 儲かってますか?

 

もうかりまっか? いやぁ~さっぱりですわww てな会話に飽き飽きしてきましたよね。



最近またまた身近なところで大型企業倒産がありました。

今読んでくださってる皆様は毎日ご無事で生活してらっしゃるでしょうね?

これ読んでるくらいだから・・大丈夫のはず。(笑



「築城三年落城三日」とは簡単に言うと信頼を得るには時間がかかるが、失うのは造作もないこと。という意味。



岡山の林原って会社ご存じ? 甘味料のトレハロースとか抗がん剤インターフェロンの開発などバイオ企業として県内のみならず、国内では有名な企業です。もちろん今までは岡山では優秀な頭脳集団であり、かつ超お金持ちの超優良企業ってイメージでした。でも倒産しちゃいましたね。私的整理しようとしたり、精一杯粘ったのですが、引導渡されちゃいました。

ここ、ずいぶん前から銀行に虚偽報告してたんです。粉飾決算ってやつ。だから事業継続のために再生手続きやろうとしましたが私的整理は結局、蹴飛ばされちゃったんです。

もう一つは広島では老舗の「西崎紙販売」詳しくはこちら



どちらも命綱を絶たれちゃって倒産という形になりました。



就職難で悩んでる学生諸君にもう一度。



「大手でもつぶれるときはつぶれます!」 

「中小だから強いってこともありません」


「安定なんてないんです」






話しを基に戻して

共通してるのは、どちらも歴史はあるし、良いお客さんをたくさん持っている安定した事業基盤がある会社だってこと。

でもどこか間違っていた、だからこういう事態になるんですよね。

誰しも判断に迷うことがある。間違いも犯す。でも既存の企業はそのたびに反省し、立ち直り、事業を継続している。 なぜ両社は倒産してしまうのか。



例えば・・・買ってくれるお客さんは大切にしてる、従業員も大切にしている。でもパートナーはどうか?仕入先であったりお金を貸してくれる銀行さん、ともに発展していこうと「持ちつ持たれつ」の関係にある仕入先の云わばビジネスパートナーの存在はどうか。



事業基盤がしっかりしているからこそパートナーも安心して取引ができますよね。

でもそれに甘んじていると困ったことが起きた時、その掌をクルッとひっくり返される事態も起こる。

ビジネスってのは当り前だけど、かくも厳しいものなんだなぁと感じます。

やっていいこと、許される範囲にあること。 よく考える必要があります。



ビジネスにはパートナーが必要です。仕入先然り、お客さん然り。

どんなことがあっても裏切ることはタブーです。



タイトルにあるように 信頼を築くには時間がかかります。かかった苦労(得た信頼)を失うのはアッという間なのです。



これまで築き上げたものが一瞬にしてパー。







全ての事に理由があると思ます。思い返せばあの時あ~してれば・・



で、もう一つ・・・そうなる兆しがあったはず。







傷口が広がらないうちに手を打っておくということ。



修復不可能になってから慌てても遅いということ。







もうあんたとなんか暮らせないわッ さよなら ぷいッ 







至るまでにどうするか、考えると怖いですね~。



取り返しのつかない隠し事してませんか? 

ぜってーバレねぇから大丈夫。言い切れる?






でもね、最後に助けてくれるとしてもそれはパートナーだと思いますよ?



鏡だと思って生活しなきゃな~って思いました。







見返りを求めない・聖人君子じゃあるまいし、シタゴゴロいっぱいでもいい。



でもね基本 誠実さ が必要です。大人の社会は特に。







やったことは返ってくる







相撲協会もいっぺん潰れちゃったほうがよくね? 







愛なんだなぁ・・これも。



人気のFX業者