2014年1月27日月曜日

今が一番うまいんだよね

うちのほうれん草・・寒い寒い露地畑でじっくり育ってます。



ほうれん草でも1月下旬の一番寒い時期になると不織布一枚だけじゃやっぱり寒いわけで・・油断してるとすぐに黄化しちゃいます。
ちょっとわかり難いけど不織布を挟んで左の畝は寒さで黄化し、右側はなぜか正常っぽく育っている畝。右端の畝はコカブです。これも葉っぱが黄色になってきました。

 


寒くても・肥料不足でも・酸性になってきても・過湿になっても・・葉っぱが黄色になってしまう。実にわがままなヤツなのです。

何が欲しい? どうしたら気持ち良いの? 苦しい? 寒い? ハラ減った?

メシ、まずい? 死にそう?

色々話しかけながら様子をみる毎日です。

寒さで葉が縮れ、所謂「寒締めほうれん草」になって甘みが乗って味はいいのですが
葉が横に広がって袋詰め作業は手間取るようになるし、成長もゆっくりで大きくならないからなかなか計画通りに出荷できないのが難点です。

バランスが崩れたらダイレクトに教えてくれる野菜・・なのかなぁなんて考えながらあれこれやってみる。
やっぱり楽しいなぁって思います。

日々、土の状態は違うし、いい感じだなぁと思えば あれあれ? 
 なんか変だぞ? てな日もある。

奥深いけど色々考えてやってみて・・思い通りの結果になっていけば・・
これが「腕」とか「技術」と呼ばれる部分になるんだなぁって思います。

全く初めての土地で文字通り「一年生」だけど ほうれん草に色々教えてもらいながら気持ち良く過ごしてもらえる「土」にしていこうと思います。

人間も植物も「環境」が大切。






 
人気のFX業者