2015年8月5日水曜日

2015夏播きにんじんの準備



溶けそうです。毎日毎日・・おそらく何ミリか溶けて縮んじゃったんじゃないかと思っています。

ついに体が・・ちょっと休んでね!って感じになりました。

水はね、3リットルくらいは飲んでますけど、蓄積するんだよね疲れが。なんせトシだから。

写真の左上、白い部分がある区画があるでしょ? あそこ約10aなんだけど半分はビニールをかけた状態で中断して新たに借り物機械で畝立て作業・・の写真。

ワタシのトラクターが致命的な壊れ方をしたんで、仕方なく歩行型の耕運機で耕して、一輪管理機で畝上げというか、溝切りをして高さ約30センチの畝を20本くらい作って、さらに有機ではスタンダードになってきた太陽熱養生処理ってのを重いビニールの裾をヨイコラセッと引張ってやってるわけです。

トラクター本体+ロータリー+畝立て成形機+マルチャーという一発仕上げの素敵アイテムがあれば
くそ暑い中、かつて部活でも味わったことの無いような・・ハァハァハァと激しい息切れしながら
ヘロヘロになんなくてもいいのに・・・とぶつくさ言いながらやってます。

ラッキーなことに一滴も雨が降らないので我がカッチカチの畑もよく砕けます。

知ってか知らずか見るに見かねて、うちの機械使えば?と貸してくださった有難い仲間のおかげで
何とか更に10a。 やっぱ機械だねぇ、きれいだわ仕上がりが。やる気になるってもんだね。

今回は20aの作付。今は10a全部ビニール掛けを終了して残りはすぐに播種。10aくらい草取り頑張るわ、と覚悟して水やりしてます。
あとはお盆にビニールを剥いで播種。

団粒構造にしなきゃ。

ロータリーの爪は驚異的に摩耗するし、水撒けば固まる。根張りは悪く収量も上がらない。

生活に余裕があれば土づくりだけに専念したいくらい。

太陽熱養生処理も団粒構造のための一環ではあるけど、結局は耕さなきゃなんないんだよね。

不耕起で団粒構造になってニンジンの畝を利用して輪作体系がとれれば、かなりの省力農業になる。
耕しすぎが土のために良くないのはわかっているけど見た目がこんなにきれいになれば草だらけよりモチベーションも高くなる。

まだまだ勉強不足だ。

それにしても暑い、暑すぎる。 今は水やりでスプリンクラーのホースをベトベトの通路を引張り回す日々になってる。

播種が終わった途端に   雨よふれ~ ふってくれ~

都合がいいように感情は叫ぶのだ。 たすけてくれ~~

クソクソ 雲くらい湧けっての! 空に文句いいつつ  何かいいことねぇ~かよ~


家に帰れば・・・

やったー  浜田省吾ライブペアチケット 当選メールが! キター!

冬まで楽しみができた! 息子と一緒に 「しょーごー!!」って叫んで多分・・オイラは泣きっ放しのサイコーの一時を過ごせるのだ。 



ニンジンしっかり収量上げて満足の一年にしたいな。ガンバルゾー。



人気のFX業者