2022年7月27日水曜日

山の破壊王

 普通、草刈りは前進しながらやります。

一心不乱に草刈りして一息ついた時に振り返ると前と後ろで全然違う景色になっていて

あ〜よく頑張ったな~

と思うわけです。
褒めますよね、自分を。

でもね、5月から8月まではその喜びや達成感てのは、ほんの一瞬なのです。

夢で見るのです。
草刈りしてて、ふと振り返ると刈ったところの草がじわ〜っと伸びてきてあっという間に元通りになる。

うわ〜と叫んで目が覚める。

病んでますな。

コレは白昼夢か?



伸びた草をかき分け、目の前に障害物があれば躊躇なく乗っかってぶっ潰す。

戦車か?

草が倒され、道が出来、戦車が通った軌跡が見えます。




辿ると、さらに悲惨な光景が。



悲しいですよ。

相手は戦車ですからね。
無敵艦隊です。

草が柵線に触れて衝撃が弱まると防御になりませんね。

そう、ワタシが悪いんです。

ガックリ。

こまめに草刈りするしかないのです。

自然栽培は耕さないし、持ち込まず持ち出さずなんて言いますけどね。
そうしようもんなら、冬が来て草達がそろそろ許してやっかな、と言ってくれるまでずっと草刈りしなきゃなりません。

草刈りだけ、ずぅーっと。

だからワタシはビニールマルチを使います。

収穫したいですもんね。

食べるために野菜を作付けするわけだから。

そうやっててもこうなるのです。

意地でも除草剤は使わない。

有機農法もね、自然農もね薬を使わないと決めたら宿命なのです。

お店に並んでるこれらの野菜は・・・山の百姓にとって戦いの戦利品なんだなぁ~っと思って手に取ってみていただけると嬉しいです。

戦車にぶっ潰されないように立ち向かうワタシの武器は草刈機。

広い場所はハンマーナイフモア。強い草はチップソー、支柱やトタンを切りたくない際刈りはナイロンコード。



意を決して収穫時間を犠牲にして武器と共に戦います。

邪魔ばっかりしやがってクソ野郎と心で叫びながらお金にならない大切な仕事。

あ〜ぁ。






2022年7月22日金曜日

真黒ナス

真黒ナスの状況です。
毎日、朝と夕方に収穫しています。

 天気さえ良ければ実がぐんぐん大きくなります。 

無肥料なので木が全体的に小さいですが順調に実をつけていて一安心しています。 

 真黒ナスは中長茄子の千両二号の片親です。
固定種でもう何代も自家採種しています。
 だけど少しづつ変化してますね。

木も太くて短いのとか、細くて背が伸びるやつとか色々になってきました。 
 
面白いものですね。 

 どう見ても丸茄子か?水茄子か?と思うくらい丸っこいのもあれば長茄子かというくらい長くなるやつもいます。 





 味が変わるわけじゃないけど見た目は同じナスとは思えない変化。

 肥料食いの部類ですけど雨だけで育っています。 

 ナスの肥料切れは花にも現れます。 

 花の色が薄くなる 

 花の真ん中、中心に雌しべがあり、雌しべの周りを囲むように雄しべがありますが肥料が不足すると雌しべが短くなります。 

一応、長いです。 


 花が小さくなる 

 次々に咲きますが、だんだん小さくなると肥料切れかも知れません。 

 まだその兆候はでてないです。 

 葉っぱの色や大きさも今は問題ないようです。 

 収穫の度に更新剪定しています。 

4本仕立てですが、時々は延ばしたい枝を間違えて切ったりします。

 なぜ元肥も追肥も無しで肥料切れサインを出さないかわかりません。 

 梅雨本番のような曇天続きには実の数も少なく木に元気もなく感じます。 

 晴天だと逆にとても成長が早いです。 

暫く雨降りが続きましたが、やっと本番の真夏日が続く予報になってきました。

 成り疲れなく最後まで頑張ってくれるように管理したいなと思います。
人気のFX業者